長期運用するなら外貨預金とFXのどちらがお得?

資産運用をしようとする理由は人それぞれですが、多くの場合は大きなリスクを背負って大きなリターンを得るよりも、堅実に利益を積み重ねて将来のための資産を形成したい、もしくは今よりも金銭的に余裕を持ちたいと考えている方が大半だと思います。
その望みを叶えるなら、資産運用は短期運用ではなく長期運用がいいということになります。
資産を長期運用するなら、外貨預金とFXとどちらの方がお得とお考えでしょうか?
FX投資は売り買いの差額によって利益を得るものというイメージを強く持っている場合は、外貨預金の方が長期運用に適していると思われるかもしれません。
しかし、FXには「金利スワップ」という非常に大きなメリットがあります。
この金利スワップのメリットをよく知っているトレーダーほど、銀行や証券会社などによる外貨預金よりも、保有期間が長いスイングトレードやスワップ運用を選ぶ傾向があります。
次回の配信から何回かに渡って、外貨預金よりもFXの方が長期運用に適している理由をご説明したいと思います。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。