長期運用には外貨預金よりFXの方がお得である理由3

外貨MMFが課税対象となったことで、FXでの外貨運用の方が外貨預金よりも取引にかかるコストが断然安くなっています。
また、FXは金利が比較的高い通貨を選ぶことと、いくらかレバレッジを効かせることで、少ない資金でも高い金利を得ることが可能になります。
レバレッジが高い場合は為替の急激な変動で想定外の損失を被るケースがありますが、レバレッジを低めに設定したり、少額運用を心掛けるなどといったリスク管理をきちんと行えば対応できることです。
以上のことを考えると、資産の長期運用には外貨預金よりもFXの方が断然メリットが多いといえるでしょう。
この時点で、さっそくFXで資産運用をしてみようと考えている方がいらっしゃるかもしれませんね。
そのような方に注意して欲しいのが業者選びです。
FXのスワップ金利は業者によって違いがあり、スワップ金利狙いの投資をするならスワップ金利ができるだけ高い業者を選ぶことがポイントとなります。
SBI FXトレードなど、知名度があって実績もある業者で比較といいと思います。
また、FX口座は複数持つことができるので、扱いたい通貨を複数ピックアップして、それに合わせた口座をそれぞれ開設するのも良いと思います。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。