FX取引をするなら知っておきたい政策金利

政策金利という言葉に触れる機会は、ニュースや情報サイトなどを通して誰にでもあると思います。
言葉は知っていても、政策金利が一体どういったものなのか、政策金利を上げることにどのような意味があるのかご存知でしょうか?
これらのことは投資をする方なら誰でも知っておくべきことなので、これからFX投資をすることを考えている方はぜひ理解しておいて欲しいと思います。
各国にはその国の中央銀行があり、そこが国や各地域の金融システムの中核を担っています。
日本なら日本銀行が中央銀行にあたります。
政策金利とは、この中央銀行が貸し付けた金利のことで、政策金利をコントロールすることによって国の経済状況をある程度操作することが可能です。
例えば、好景気が行き過ぎるとバブル経済となって崩壊を迎えるリスクが高まるので、それを抑えるために金利を上げて景気にブレーキを掛けます。
一方で、不景気が続いて景気循環が悪い時は、金利を上げることで経済が回ることを促します。


政策金利の上下は、その国の経済に非常に大きな影響を与えます。
好景気が過剰になった時に政策金利を上げると何が起こるかというと、銀行からお金を借りづらくなるため、企業が新規事業や設備投資にまわす資金が調達しにくくなります。
その結果、過剰になっている景気を抑えることができます。
一方で不景気が続いている時に政策金利を下げると企業がお金を借りやすくなるため、企業の活動が活発化して景気が刺激されて良くなっていくとされています。
日本は長く続く景気の低迷から脱却するため政策金利を下げ続け、ゼロ金利にまでなったというわけです。
しかし政策金利は長期に渡って下げ続けるとデフレから脱却しにくくなるとされています。
実際に日本はこのパターンにハマってしまってデフレスパイラルに陥っているわけですが、この話は今回は置いておきましょう。
すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、政策金利はその国の今後の経済状況を左右する非常に重要な指標です。
このことが、FX取引に限らず投資をする人なら誰もが政策金利について知っておかなければいけない理由です。






コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。