FX取引をするなら知っておきたい量的金融緩和政策

これまでの配信で何回かに渡って、トレーダーであれば経験者はもちろん初心者も必ず知っておいて欲しい政策金利についてご説明してきました。
政策金利はその国の経済状況の今後を左右する非常に重要な指標ですが、政策金利の他にも知っておいて欲しいことがあります。
それが量的金融緩和政策です。
黒田バズーカという、日本銀行の黒田総裁が行う大規模な量的金融緩和をご存知の方は多いと思います。
始めて黒田バズーカという言葉を知った時はなんというパワーワードだろうと思いましたが、黒田バズーカが金融市場に対して発揮する威力を知った時は、なるほどとネーミングセンスに納得したものです。
このように、バズーカというインパクトの凄い名前がつくくらいに絶大な影響力を持つ量的金融緩和政策とは、一体どのようなもので、為替に対して具体的にどのような影響を与えるかご存知でしょうか?
量的金融緩和のことを知らないと思わぬところで大損失を被る可能性があるので、次回の配信から筆者と一緒に一つひとつ確認していきましょう。


それぞれの国にある中央銀行は、政策金利などを行うことにより行き過ぎた好景気にブレーキを掛けたり、不景気の場合は経済的な刺激を与えることで好景気に向かうように促したりといったことを行います。
つまり、中央銀行は「国の経済を安定させる」という超重要なポジションにいるのです。
その中央銀行が不景気の時にとる景気刺激策は、大きく分けて次の2つの方法があります。

1.政策金利を操作する
2.市場に流通している通貨の量を操作する

量的金融緩和は、?の市場に流通している通貨量をコントロールする景気刺激策にあたります。
これは実際にどのような考え方かというと、景気が低迷している場合、中央銀行は市場に流通する通貨の量を増加させます。
こうして市場にお金が溢れることで、銀行が企業へ貸し付ける時の金利が下がることになります。
貸付金利が下がれば企業は新規事業や設備投資のためのお金を借りやすくなるので、経済の活性化に繋がるというわけです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。