超少額FX 超少額だからこそスプレッドにはシビアになるべき


FX取引会社は取引コストの安さを競い合っています。かつて当たり前だった取引手数料はほとんどの業者で無料になり、事実上のコストはスプレッドとスワップの差額くらいです。

超少額FXの場合、もともとの軍資金が小さいので取引の規模も小さくなります。それだけに取引コストの差が出にくいと思われるかも知れませんが、取引の規模が小さいからこそ手数料のウェイトが高くなることを忘れないでください。

「どうせ少額だし取引コストなんて大したことはない」と感じるところですが、回数を重ねるごとに取引の結果に占めるコストの比率が高くなるので、やはり超少額であっても取引コストにはこだわりましょう

スプレッドは狭いほうが良いのは当然ですし、スワップについても1円でも高いところを選ぶべきです。スワップについても毎日のことなので、時間が経つごとに差が開いていくというのは厳然たる事実です。

超少額だからと言ってもFX投資に変わりはないのですから、コスト意識を養う意味でもスプレッドやスワップの数値には敏感でいたいものです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。