超少額FX なぜ超少額での取引が可能なのか

たとえ初心者の方であっても、すでにFXトレードをやったことがある方、始めることを検討している方であれば「レバレッジ」という仕組みをご存知だと思います。

このレバレッジこそが、超少額でFXを始めることができるカラクリです。

1ドル=120円のレートで取引されているドル円で1万通貨買ったとしたら、必要な軍資金は120万円です。

しかし、実際にそんな高額でポジションを建てている人はいません。

10万円程度、5万円程度というお金でトレードをしている人がほとんどです。

なぜそんなことが出来るのかというと、FXにはレバレッジという仕組みがあるからです。

レバレッジとは「てこ」という意味で、少ない力で重いものを動かすことができる仕組みのことです。

かつては数百倍というとんでもないレバレッジも可能でしたが、今は法改正によって最大レバレッジが25倍に制限されています。

それでも1ドル=120円のドル円を1万ドル買ったとしてもレバレッジ25倍にすれば4万8000円です。

これをさらに、最近多くなっている1000通貨単位で取引可能な業者だと裁定取引単位として1000ドルをレバレッジ25倍で買ったとしたらなんと4800円でポジションを持つことができます。

ここで推奨している超少額取引は1万円以内が目安なので、こうしたレバレッジの仕組みが超少額FXに深くかかわっていることがお分かりいただけると思います。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。