超少額FX スワップ派にも効く超少額ポジションその4

前回は1万円以下の軍資金でトルコリラ円を買って、それを保有したらどれくらいのスワップ収入になるのかというシミュレーションをしました。

今回はトルコリラ円ともうひとつの高金利通貨、南アランドです。世界景気の減衰によって資源国の南アフリカ共和国の景気はイマイチですが、そこはやはり資源国、全く資源を必要としない経済は有り得ませんので底堅い推移が続いています。スワップについては10万通貨あたり120~140円程度。間をとって130円という想定でシミュレーションしてみましょう。

10万通貨単位を最低取引単位としているFX取引会社だとレバレッジ25倍にしても34000円が必要になるので、これだと超少額になりません。そこで1万円以下になるように投資金額を調整して、3万通貨ほど買うのが良いと思います。その場合、毎日のスワップは39円。約1万円の投資で毎日39円が入ってくるので、月額で1170円、年額で14040円となります。

南アランドのほうがスワップが低いので投資効率が悪いように感じるかも知れませんが、シミュレーションしてみるとあまり遜色はありません。地政学的な安定感ではトルコよりも南アフリカ共和国のほうがマシなので、安全性を考えるのであればこちらも大いにアリです。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。