FXコラム もはやPCでのトレードは古い?

FXトレードというと、PC環境でやるのが常識です。いえ、常識でした。その常識を過去のものにしたのが、スマホやタブレットの凄まじい進化です。特にスマホの普及は今や1人1台と言っても良いほど進んでいるので、スマホを遣えばいつでもどこでもFXトレードができるという環境が整っています。

FX取引各社もこうした時代の流れにしっかりと対応していて、現在モバイル環境での取引システムの開発競争が激しくなっています。

いくつかのモバイル版トレードシステムを見て、使ってみたことがありますが、タッチパネルが使えるという操作性は直感的で使いやすいと感じました。もっとも、タッチパネルなので操作ミスをしやすいというリスクも感じますが。

小さい画面なのでチャート機能をどこまで使えるのかという懸念もありましたが、最近のスマホは解像度や発色の性能が飛躍的に良くなっているので、それをいかす形でトレードシステムも十分機能するようになりました。

複数画面を同時に開いてトレードをするという形は構造上無理なので、これだけはPCのほうが上だと思いますが、デイトレードを小刻みに繰り返すようなトレードスタイルの人にとってはいつでもどこでもトレードができるという機動性のほうが優先順位が高いと思います。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。