FXの「だまし」を科学する 逆襲編その1

前回に続いて、ダマシに乗っかって利益を上げる方法の解説です。よくダマシが発生するブレイクアウトの例で解説していきます。ちなみに、レンジ相場がブレイクするブレイクアウトはダマシ相場の典型的なパターンなので、市場ではブレイクアウトフェイクとも呼ばれています。

ダマシによって発生するブレイクアウトというのは、本物のブレイクアウトではありません。潤沢な資金力を持つ投機筋などが、その資金力を背景にレンジ相場の上限もしくは加減で集中的な注文を入れることでブレイクアウトを意図的に起こそうとします。

この場合、レンジ上限でブレイクアウトを狙うとすると、取る行動はひとつです。レンジ上限の付近まで来た時に一気に資金を投入、膨大な買いを浴びせます。それまで持ちこたえていたレジスタンスが破られ、上方にブレイクアウトします。

しかし、これは「ブレイクアウトもどき」です。
意図的に起きたブレイクアウトは、その後どうなるのでしょうか。

まだまだ市場はレンジ相場を志向しているのに、投機筋が引き起こした強引なブレイクアウトには、おそらく大口の投資家は懐疑的になるでしょう。「どこかの投機筋が仕掛けていることではないか?」と疑うわけです。なぜそういう疑いを持つのかというと、自分たちもそんなことをしているからです(笑)

しかし、個人投資家は違います。レンジブレイクは順張りで追いかけるのがセオリーなので、それに乗っかろうとします。しかし、そのレンジブレイクは本物ではないので、もとのレンジに戻ろうとするエネルギーと、そもそもレンジブレイクを仕掛けた投機筋が利食いを始めるので、レンジブレイクしたと思っていた相場は一気に収束していきます。

FX初心者の方は、「レンジブレイクしたら順張り。加速するブレイク相場についていって大きな利益を」というセオリーを勉強しているはずです。それを教科書通りにやろうとしたら、いきなり利食い攻撃で相場が急落するのですから、たまったものではありません。






コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。